Works 作品紹介

きれいなほうと呼ばれたい 絶賛発売中!

徳間文庫
2015年6月5日発売
定価(税別):660円

amazonで購入する

きれいなほうと呼ばれたい

星野鈴音は21歳。短大を卒業後、横浜にある高級スポーツクラブで受付のアルバイトをしている。

高校までバレーボールをしていたた鈴音は、大柄でずんぐりとした体つきをしている。笑うと愛嬌があるが、お世辞にも美人だとは言えない。

そんな鈴音とは違い、一緒に受付ウンターに立っている松本亜由美は、小柄だけれど、とても綺麗で、とてもお洒落でセクシーで、男たちの視線をいつも一身に集めている。スポーツクラブにやって来る会員たちが亜由美を、「受付の綺麗なほう」「可愛いほうの子」と呼んでいるのも聞こえてくる。

けれど、鈴音自身は「綺麗になりたい」「可愛くなりたい」とは、思わないようにしていた。そんなことを考えても、どうしようもないからだ。

そんなある日、鈴音の前に榊原優一という美容外科医が現れ、驚くべきことを告げる。

「僕の患者になれば、星野さんは間違いなく美しくなれる。誰もが振り向くほどの美貌を手にすることができるんです」

「綺麗になりたくありませんか? ファッションモデルみたいなスタイルになりたくありませんか? あなたにはその資格があるんです」

「星野さんはダイヤモンドの原石です。磨けば磨くほどに光り輝きます」

徳間文庫からの3冊目の本になります。

今回は美容整形の物語です。第一部が「手術前」、第二部が「手術後」という構成になっています。

極めて僕らしい作品になったと思います。ぜひ、読んでみてください。

Works list

このページのトップへ