Works 作品紹介

薔薇の足枷 絶賛発売中!

幻冬舎アウトロー文庫
2013年12月5日発売
定価(税別):571円

amazonで購入する

薔薇の足枷

幻冬舎アウトロー文庫からの5冊目の本になります。

今回は男と男の愛の物語です。

青柳龍一(あおやぎ・りゅういち)は35歳。彼は去年の春まで神奈川県立高校の教師として勤務する傍ら,野球部の顧問兼監督として忙しい日々を送っていた。

けれど、去年の四月に担任をしているクラスの15歳の美少年との淫行が表沙汰になり,高校を懲戒解雇されてしまった。妻は激怒し,ふたりの息子たちを連れて実家に帰ってしまった。

すべてを失った龍一は、野球部のかつての教え子であり、最愛の男でもあった三田弥生(みた・やよい)を思い出す。今からちょうど10年前の夏,龍一は弥生と一緒に甲子園を目指したのだ。

25歳になっているはずの三田弥生は今、横浜で父が経営している不動産会社の副社長になっているはずだった。

真夏の房総半島の別荘を舞台にした,1日だけの物語です。

男性同士の愛の物語ではありますが,できるだけロマンティックに、上品に美しく仕上げたつもりです。ぜひ、読んでみてください。表紙のイラストはmiezeさんがこの本を読んでくれたあとで、本のイメージに合わせて特別に書いてくれました。

Works list

このページのトップへ