Works 作品紹介

絶望ブランコ 絶賛発売中!

光文社文庫
2009年11月10日発売
定価(税別):648円

amazonで購入する

絶望ブランコ

光文社文庫からの6冊目のこの本は、サーカス団の空中ブランコ乗りの子として生を受けた、28歳の美しい盲目の姉と、姉を慕う27歳の弟との愛の物語です。

かつて空中ブランコの花形だった姉弟の両親は、フライヤーだった母の転落事故によりサーカス団を去る。その後、両親は離婚し、姉は母と、弟は父と暮らすようになる。

人はいいが生活力のない父に引き取られた弟は、社会の底辺を這いまわるような暮らしの末に、現在の「最低の仕事」に手を染めるようになる。水商売を始めた母に引き取られた姉のほうは、18歳で失明し、結婚生活にも失敗し、やはり社会の底辺を這いまわるようにして生きていた。

今から2年前、そんなふたりは、また一緒に暮らすようになった。

今、ふたりは湘南のマンションの一室で、とても幸せに、とても穏やかに暮らしている。かつて、これほど幸せだったことはないと思うほどだ。

けれど・・・この幸せがいつまでも続くものではないということは、ふたりにもわかっている。 そう。破滅の時は、もうすぐそこに来ているのだ・・・。

サーカスのシーンは、特別に力を入れて書きました。切なくて、やる瀬なくて、スリリングで、少しエロティクな、美しいストーリーに仕上げたつもりです。ぜひ、読んでみてください。

Works list

このページのトップへ