Works 作品紹介

水底から君を呼ぶ 大増刷!!

光文社文庫
2006年9月7日発売
定価(税別):590円

amazonで購入する

水底から君を呼ぶ

蒸し暑い夏の夜、22才の美奈子は3人の友人と一緒に深夜の屋外プールに忍び込み、水着になって泳ぎ始める。ほかに人けのない夜のプールはとても綺麗で、とても静かで、とても幻想的だ。若く美しい4人の女たちは、夢中になって泳ぎ続ける。

が・・・美奈子がふと気づくと、一緒に泳いでいたはずの友人のひとりの姿がプールから消えている。その時、プールの水面にはなぜか、熱帯の白い花が浮いている。その花を見た3人は悲鳴を上げてプールから逃げだす。

それから3年後、富田卓也は新妻の美奈子とふたりでニューカレドニアへ新婚旅行を兼ねたダイビングに出かける。そのダイビング中に、美しい珊瑚礁の海で美奈子が突然、煙のように消えてしまう。

そして、その時なぜか、陸地から20キロも離れたその海面に、白い花が漂っている。いったい、妻に何があったのか? 白い花にはどんな意味があるのか?・・・失意の中で真相を追い求める卓也の前に、やがて忌わしい事実が姿を現わす・・・。

ストーリーの舞台は横浜から湘南、ニューカレドニア、そしてフィリピンのセブ島へと移ります。プロのダイバーのアドバイスを受けながら書いたダイビングシーンは少し自慢です。海外の明るく美しいビーチリゾートを舞台にした、暗く恐ろしいストーリーを書いてみたい。そんな思いつきから生まれた作品です。ミステリータッチのオカルトですが、僕はラブストーリーとして書いたつもりです。

いったい誰が水底から「あなた」のことを呼んでいるのでしょう?

光文社からの2作目の長編新作です。角川書店から出ている一連の作品とは微妙にテイストが違うものになっています。理由は僕にもわかりませんが、出版社や編集者が違うせいなのかもしれません。

ぜひ、読んでみてください。

Works list

このページのトップへ