Works 作品紹介

いつかあなたは森に眠る

幻冬舎
1995年3月発売
定価(税別):1,456円

amazonで購入する

いつかあなたは森に眠る

創立からまもない幻冬舎からの依頼による書き下ろし作品です。

ひとり息子を亡くした50代前半の女性が、深い森の中にひっそりと佇む不思議な館で、きわめて幻想的でエロティックな体験を重ねていく、というストーリー。本の帯には、「肉体が衰えるほど、女性は美しい」「歳を重ねて女は美しくなれる。貪欲に男を求め、人を愛し、自分を愛する」とあります。

二人称で書かれた幻想的な小説であり、そのほかの僕のどの小説とも似ていません。

「美しい文体」と褒められたこともありましたが、今、思えば、少し形容詞が鬱陶しいのではないでしょうか?

僕にはあとから自分の作品を読み直すという習慣がないのですが、主人公の「あなた」が夜のプールで全裸で泳ぐシーンは、ちょっと読み直してみたいかも? 表紙のイラストは漫画家の小椋冬実さんです。

幻冬舎の担当だった山口ミル子さんには、いつか恩返しがしたい。

Works list

このページのトップへ