大石圭

1961年5月10日 東京都目黒区生まれ
法政大学文学部卒
1993年「履き忘れたもう片方の靴」第30回文藝賞佳作受賞
神奈川県横浜市在住
妻とチンチラのお菊さん、ノルウェージャン・フォレストキャットのノボルの4人暮らし

News & Topics-ニュース&トピックス

New Release-新刊情報

優雅なる監禁 地獄行きでもかまわない

This Month's K-今月の大石圭

読者のみなさま、こんにちは。残暑が続いておりますが、みなさま、元気になさっていますか?

7月20日に角川ホラー文庫から出版された「優雅なる監禁」、もう手に取っていただけたでしょうか?

明るくハンサムで、爽やかで、周囲の人望を集めてはいるけれど、どす黒くて邪な欲望を胸に秘めた双子の歯科医師、平子慎一郎・健一郎(33)のふたりが、美しい女性歯科医師、今井聖(30)を監禁し、性の奴隷として徹底的に陵辱するという物語です。

敬虔なキリスト教徒である聖が、悪魔に心を売り渡し、復讐の鬼と化していく場面には特に力を入れました。エロティックなシーンが満載ではありますが、すっきりとした読後感を得られるような作品に仕上げたつもりです。ぜひ、手に取ってください。

現在までのところ、読者のみなさまからはかなりの好評をいただいております。

僕はいまだに、光文社文庫への新作を書いております。久しぶりの連続殺人の物語です。美しくて、エロティックで、アブノーマルで、猟奇的で、少しもの悲しい物語を目指しております。

執筆はとてつもなく難航していますが、11月には刊行できそうです。もう少しだけお待ちください。

今年の残暑は厳しいようです。みなさま、くれぐれもご自愛ください。

大石圭